fc2ブログ

記事一覧

川下川ダムの堤体に迫る!そしてヒガンバナを見るポタ

今週はイロイロあって心身ともにちょっとお疲れ。
サボるとテキメンに脚力低下を招くので、軽ーく走りましょ。
ちょうどヒガンバナの季節だし、咲いてるのが見られるといいな。

そういえば「アーマオールの影響を受けてしまったチューブ」、様子は如何かな?
測ってみると、前後とも2.4bar。
元の4barから20日経って、問題ない前輪も要確認の後輪も同じ空気圧。
オッケーやん!(嬉)

てことで本日は6号車で出動。

p230923_01.jpg
切畑のいつもの場所は

p230923_02.jpg
もう一息かな。

ヒガンバナならいつもの高平や羽束川流域へ、と思っていたんだが、大坂峠がメンドクサイ。
急遽、下り基調の川下川ダム方面へと変更。

p230923_03.jpg
ダムに至る道沿いに、ポツンとヒガンバナ。
いー感じです。

p230923_04.jpg
川下川ダム到着。

p230923_05.jpg
そういえば某ブロガーさんが堤体下部に迫った記事を書いておられたような、そうでないような。(うろ覚え)

p230923_06.jpg
ダダーッと下ってここを左。

p230923_07.jpg
JRの高架下を潜って

p230923_08.jpg
少し上ると、

p230923_09.jpg
おー!堤体下部周辺。(インパクトの無い表現)

p230923_10.jpg
洪水吐とのツーショット。

p230923_11.jpg
迫力で言うと、上を走る高速道路の橋脚の方がすごい。なんてことを言ってはいけない。

p230923_12.jpg
ロックフィルダムの麓に迫りたいが、関係者以外はここでシャットアウト。

p230923_13.jpg
仕方ないので、ゲートの隙間から盗撮。

ちょっとタイトル負けと思われたらごめんね。

p230923_14.jpg
元の道に戻って下っていると、またまたヒガンバナ。
この道、ポツン、ポツンとヒガンバナが咲いている。

p230923_15.jpg
武庫川を渡って道場の町に向かう。

p230923_16.jpg
塩田界隈の田んぼにもヒガンバナ。
アゲハチョウがせっせと蜜を吸っていた。
お芋には毒があるらしいが、蜜は大丈夫なのか。

p230923_17.jpg
三田本町駅近くまで来ると、文字通りの畔豆。
豆の株と株の間に刈った稲穂を並べてあるのが面白い。どういう意味があるんだろう。

p230923_18.jpg
本町通り商店街を抜ける。正式名称は「三田本町通りセンター街」かな。
なかなかいい雰囲気。
確か通るのは初めてだが、神戸電鉄三田本町駅から三田城址への最短ルートだ。

ドラッグストアで食料を調達して、いつもの武庫川沿いの公園で食べようと行ってみたら、先客有りで撤退。

p230923_19.jpg
三田天満神社裏の天神公園に落ち着いた。

p230923_20.jpg
本日の新商品はサントリー クラフトボス ソイラテだ。9月19日発売ホヤホヤ。
豆乳のカフェラテね。
お味はというと、サッパリめのカフェラテ。
豆乳っぽさは抑えられていて飲みやすく、ほんのりと大豆の風味は残してある。
塩分も0.13gr/100grなので、ある意味ソルティラテともいえる。
カフェインが入っているのでスポドリ代わりとは言い難いが、まあ運動中に飲むのもありかと。

p230923_21.jpg
天神公園からの眺め。

今日はあまりガツガツ走る気が元々無いので、そろそろ帰ろう。

p230923_22.jpg
宝塚市大原野(ダイゲンヤではない)のオクラ。
花はタチアオイに似ているが、オクラの実が成っている。

p230923_23.jpg
よく休憩に利用する素盞嗚神社のヒガンバナ。

p230923_24.jpg
境野のコスモスは今年も満開。

p230923_25.jpg
この先ものんびり走りたいので、クルマストレスの一番少ない十万辻ルートで下界へ。
今日は前走車も後続車もなく、自分のペースで下りを楽しめた。

ほんま、のんびりゆったりできたポタリングだった。

本日のルート





ところで、新しい眼鏡のインプレッション。
「近視レンズで乱視無し」から「近視の度数ゼロで乱視用レンズ」に変えて、
 a. 近くも遠くも見える!
 b. 近くから急に遠くを見ると、融像(※)が一瞬遅れる
  ※融像:左右の目で見た像を一致させて単一視すること
 c. 水平面が手前下がりに傾いて見える
と報告したが、
a. はサイクリングにも威力発揮。
いつもより目をぱっちりと開いているように感じたのは、普段無意識に目を細めていたのかもしれない。

b. は一度も感じなかった、
サイクリング中にこれが頻繁に起こると危険だと思っていたが、問題なかった。

c. は家の中でウロウロしていた状況に比べ、サイクリングではかなり気になった。
まず、自転車に乗って最初に驚いたのは、目の高さが非常に高く感じられたこと。
例えば身長が50cmほど高くなって、あるいは竹馬に乗って見下ろす感じ。
桜並木の中を走ると、自撮り棒で高くかざしたカメラから撮った映像のよう。
そして地面の遠さ。
最初の信号で停まって縁石に足を着こうとして空振りしそうになった。
以降意識して目で足を追いながら着いたので問題なかった。
人間の脳のフィードバック制御ってすごい。
また、自転車を停めるとき地面が傾いて見えるので、スタンドで立つかどうかがやってみないと分らなかった。
一方、ダウンヒルでちょっと頑張って踏み込んでみたりしたが、不安感やミスは無かった。
むしろよく見えるようになったのがプラスに働いた感じだ。

なお、乱視の角度によっては違う状況になるのかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ ←このボタンをクリックすると書いている人が喜びます(それだけです)
にほんブログ村

プロフィール

potaiko

Author:potaiko
関西在住のミニベロ=ちっちゃい自転車乗りです。
ポタリング/サイクリングの話題と自転車いじり(いわゆるカスタム)の話題が中心。
現在の愛車は5号車(こちら)、6号車(こちら)と7号車(こちら)の3台!

過去には、持ってるけど現在不稼働の1号車(こちら)、譲渡済みの2号車と3号車(こちら)、譲渡済みだがもうすぐ帰ってきそうな4号車(こちら)が存在している。

お約束: このブログは情報の正確さを保証するものではありません。参考にされる場合は、自己責任でお願いします。

フリーエリア

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ PVアクセスランキング にほんブログ村