fc2ブログ

記事一覧

ブルホーンハンドルにグリップシフターやり直し【アクセサリ実践編】

前回の記事「ブルホーンハンドルにグリップシフターやり直し【アクセサリ編】」は絵に描いた餅。
今回は餅つき=実践編として、出来上がりを報告する。
コンビニフック… のようなもの(トートバッグ取付用)」の進化版(退化版?)として既にVer.3である。

いきなり完成写真。
k231123_19.jpg
これで終わっては面白くないと思うので、順を追ってご紹介しよう。

さて、前回上げた設計図、
k231108_04.jpg
いや、どう見てもただの落書きだな。

まずは、必要な材料の長さを割り出すために、
k231123_01.jpg
採寸用のカラーワイヤーに、100mm間隔でマスキングテープを貼る。

k231123_02.jpg
蜷局(「とぐろ」ってこう書くみたいだ)の部分の芯にはΦ14の単三電池がよさそうだ。

k231123_03.jpg
本番では針金を二重にするが、採寸は1本だけで実際の形を作ればいい。

k231123_04.jpg
2つ目のマスキングテープより5mm手前=195mmで片側分。

k231123_05.jpg
採寸用のカラーワイヤーより太くて硬い外径2.5mmのビニール被覆針金は、二重にするので390mmにカット。
色を緑にしたのは、単に手元にある太いビニール被覆針金がこれしか無かったから。

k231123_06.jpg
2つ折りして中央を締める。

先ほどの黒い採寸用と同じように曲げたが、写真撮り忘れた。

最後に針金の先端部を始末するんだが、
k231123_07.jpg
ギドネットレバーのバンドを挟むように巻き付けるので、バンド幅を採寸。

k231123_08.jpg
それに合わせて印を付けて、

k231123_09.jpg
印通りに掴んで曲げたが広すぎたので、2mmほど目分量でカット。

k231123_10.jpg
こうなった。
ほらね、上記の『設計図』と(概ね)同じのができた。

k231123_11.jpg
先端突合せ部をつなぐのに手頃なパイプが無かったので、直径2.5mmを確認したうえで、

k231123_12.jpg
約0.3mm厚のアルミ板を

k231123_13.jpg
12×10.5mmにカット。
電卓で計算した「8.796452」は、なんとなく10.5に化けた。深い意味はない。

k231123_14.jpg
このように巻き付けた。
なかなか綺麗にできた

k231123_15.jpg
のは表だけで、裏はこの体たらく。

k231123_16.jpg
このようにハンドルバーに引っ掛けて、

k231123_17.jpg
トートバッグを引っ掛けてみた。
ちょっとグラつくし内側に寄っている。
これで走るとバタつきそうだ。

k231123_18.jpg
そこで、結束バンドでギドネットレバーのブラケットに縛り付けた。
その結果が冒頭の写真である。

なお、前回「これが最後の課題である」と書いたが、バーテープを少し太めに巻き直す計画もある。
それはまた気が向いたときにやります。

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ ←このボタンをクリックすると書いている人が喜びます(それだけです)
にほんブログ村

プロフィール

potaiko

Author:potaiko
関西在住のミニベロ=ちっちゃい自転車乗りです。
ポタリング/サイクリングの話題と自転車いじり(いわゆるカスタム)の話題が中心。
現在の愛車は5号車(こちら)、6号車(こちら)と7号車(こちら)の3台!

過去には、持ってるけど現在不稼働の1号車(こちら)、譲渡済みの2号車と3号車(こちら)、譲渡済みだがもうすぐ帰ってきそうな4号車(こちら)が存在している。

お約束: このブログは情報の正確さを保証するものではありません。参考にされる場合は、自己責任でお願いします。

フリーエリア

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ PVアクセスランキング にほんブログ村