fc2ブログ

記事一覧

カスクに鍔(つば)Ver.3【ピアノ線で補強編】

【カット編】の続き。

前回、
「で、ツバの先っちょを指で押してみたが、予想通りヘニャヘニャ。」
と感じたので、補強してみよう。

ピアノ線ってどうなんだろう。
鉄だから重いよなー。
試しにΦ1×200mmで計算してみたろ。
0.5^2×π×200×7.85÷1000 = 1.233[gr]
おおっ!1.2グラム。
いいねー👍

てことで、
v240203_04.jpg
バイザーの縁に沿って曲げた。
長さは計算の倍ほどで、量ってみると3grも無かった。(10gr目盛りアナログなので詳細不明)

ピアノ線は固いので、これだけ曲げるのでも結構時間がかかった。
曲線に沿って曲げるのも大変だが、平面に収めるのがもっと大変だった。(捻れたり波打ったり)

次に取り付け方。
布地なら袋縫いすれば終いだが、PP(ポリプロピレン)ではそういう訳にもいかない。

v240203_01.jpg
「ポリプロピレンが接着できる」が謳い文句のボンドGPクリヤーだが、PP板同士の接着は成功したことが無い。
という訳で、切れ端で試験。

v240203_02.jpg
両面に塗ってから充分乾かした後、圧着して養生。

v240203_03.jpg
さらに充分時間を置いたつもりだったが、やっぱりダメ。
素材表面から接着剤がきれいに剥がれてしまう。
目荒らし(サンディング)すれば多少ましかもしれないが、いずれにせよこの用途には接着力不足だろう。

てことで、次の案を試作。
v240203_05.jpg
このときに使った黒いクリアフォルダー(クリアファイル)を10mm幅にカットして、

v240203_06.jpg
2つ折りにしてから、曲線に沿わせられるように切れ目を入れる。

v240203_07.jpg
目玉クリップで咥えてライターで炙ると、

v240203_08.jpg
ピアノ線を通せる「なんちゃって袋縫い」が出来上がる。

私って天才じゃね?

v240203_09.jpg
試作が上手くいったので、幅10mm×220mmの帯を切り出して、中央にボールペンで折り目を入れる。

v240203_10.jpg
畳んでからニッパーでプチプチと切れ目を入れて、

v240203_11.jpg
幅が広すぎて目玉クリップは反対側から届かないので、このとき使った100均のステンレス取付金具2枚で挟む。
少しずつずらしながら曲線に沿って溶接するんだが、いちいちねじを締めるのは大変なので、ねじはずれ止めとして残すが、締め付けは目玉クリップが受け持つ仕組み。

v240203_12.jpg
PPのツバ本体とクリアフォルダーのパイプの位置合わせは、直尺(ステンスケール)を挿し込んで行なった。

溶接部は盛り上がって分厚くなるので、隣を溶接しようとすると締め付けが浮くことが、やってみて分かった。
締め付けが浮いていると、2枚(溶接面は3枚重ね)が別々に溶けて一体化しないのだ。
直線部や凹の曲線なら先の溶接部と一緒に挟むことは無いが、凸の曲線ではその問題が生じる。
仕方ないので、ライターで炙って柔らかいうちに直尺でカッティングマットに押さえつけてくっつけた。
これをやると溶接部が薄っぺらくなるので強度は落ちるだろうな。

v240203_13.jpg
半分溶接し終わったところでくだんのピアノ線を通そうと突っ込んで行ったら、
破れた!

改めて考えると無理があったのかもしれない。
というのも、試作は短かったのでほぼ直線。
今度は曲率が変化する上に固いピアノ線を、アールの異なる曲線に通すから結構無理が掛かる。
加えて、上記の通り溶接部が薄っぺらいので尚更。

v240203_14.jpg
ということで、ピアノ線での補強は断念。

私って天才じゃねーわやっぱり。

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ ←このボタンをクリックすると書いている人のやる気が湧きます(それだけです)
にほんブログ村

プロフィール

potaiko

Author:potaiko
関西在住のミニベロ=ちっちゃい自転車乗りです。
ポタリング/サイクリングの話題と自転車いじり(いわゆるカスタム)の話題が中心。
現在の愛車は5号車(こちら)、6号車(こちら)と7号車(こちら)の3台!

過去には、持ってるけど現在不稼働の1号車(こちら)、譲渡済みの2号車と3号車(こちら)、譲渡済みだがもうすぐ帰ってきそうな4号車(こちら)が存在している。

お約束: このブログは情報の正確さを保証するものではありません。参考にされる場合は、自己責任でお願いします。

フリーエリア

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ PVアクセスランキング にほんブログ村