fc2ブログ

記事一覧

カスクに鍔(つば)Ver.3【完成編】

【溶接編】の続き、ようやく完成である。

ボンド プラスチック用GPクリヤーを注して(塗ったとは言えない)一昼夜プレスした結果、
c240212_01.jpg
ボンドが付着した部分がくっきりと歪んでいる。
予備試験で密着しなかったPP(ポリプロピレン)が溶剤で軟化したのか、単に接着力で引き攣れたのかは不明。
とりあえずこのまま進める。

c240212_02.jpg
両サイドの帯部分をカスクに縛るベルトの材料を、手持ちの材料全部出して選ぼうとしたが…
幅が広すぎたり狭すぎたり、伸縮性があったり見た目が気に入らなかったり、いいのが無い。

c240212_03.jpg
100均に行ってみたら、ダイソーのMULTI STRAPマルチストラップ(シンプル)が良さげだったので購入。
幅は15mmで、材質感はカスクの顎紐とほとんど一緒。
隣の江戸打紐は中央を留めるために使用する。

c240212_04.jpg
留め具をニッパーで外して、

c240212_05.jpg
大小2組のサイドリリースバックルと二重リングは何かに使えそうなので保管。
こうしてまた自作材料のストックが増えて行く。

c240212_06.jpg
江戸打紐は思ったより太くてバイザーに開けた穴を通しにくいので、ライターで炙って溶かして尖らせた。
もちろん、解れ止めも兼ねている。

c240212_07.jpg
紐の長さは約29cm。

c240212_08.jpg
サイドを縛るベルトに千枚通しで穴を開けて、

c240212_09.jpg
前回の記事で仕込んでおいた「手で付けられるホックボタン」のピンを挿す。

c240212_10.jpg
固定側のホックボタン(♀)を圧着したら、ベルトをカスクに巻きつけて長さ確認。
分かりにくいかもしれないが、色鉛筆をねじ込んでマークした。
ちなみに、左のベルトがカスクオリジナルの顎紐で、中央がバイザー用のベルト。
見た目に似ているのはいい感じだが、ちょっとゴチャついた気がする。

c240212_11.jpg
ベルトを伸ばして、マークした箇所の2mmほど先に千枚通しで穴を開ける。
2mmというのは、ホックボタンの厚みで浮き上がる分だ。

c240212_12.jpg
ホックボタン取付完了。
この辺は全部現物合わせ。

c240212_13.jpg
つば付きカスクVer.3 完成!

さて問題の重量。
計測の結果、約22gr。(10gr目盛りアナログ秤)
0.75mm PP板計算値の 17.48gr すら超える結果となったが、約0.35mm×二重部分が多いから仕方ない。
ベルトや紐も追加したことだし。

実走の結果は一昨日の記事で報告の通り、調子は上々だった。
予想より重めとはいえVer.2より18gr軽くなったし、耳当ての廃止による37gr軽量化で頸の負担は減った。
補強対策も奏功して、風に負けて顔の前を塞ぐように折れ曲がったりも全く無かった。
接着による歪みも付けてしまえばあまり目立たない。と思う。

これ以上劇的に軽くできる見込みは無いので、今後Ver.4の予定は無い。
あるとすれば、ベルトや江戸打紐をもう少しシンプルにした Ver.3.1 かなー。(まだやるんかい!)

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ ←このボタンをクリックすると書いている人のやる気が湧きます(それだけです)
にほんブログ村

プロフィール

potaiko

Author:potaiko
関西在住のミニベロ=ちっちゃい自転車乗りです。
ポタリング/サイクリングの話題と自転車いじり(いわゆるカスタム)の話題が中心。
現在の愛車は5号車(こちら)、6号車(こちら)と7号車(こちら)の3台!

過去には、持ってるけど現在不稼働の1号車(こちら)、譲渡済みの2号車と3号車(こちら)、譲渡済みだがもうすぐ帰ってきそうな4号車(こちら)が存在している。

お約束: このブログは情報の正確さを保証するものではありません。参考にされる場合は、自己責任でお願いします。

フリーエリア

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ PVアクセスランキング にほんブログ村