FC2ブログ

記事一覧

お昼までポタ【六甲ケーブル下】

今日もお天気が良い。
お昼ご飯は家で食べたいので、午前中だけサクッとポタ。
ちなみに、今日がサイクリングの日らしいってことは帰ってから知った。
そうなの?

久しぶりに6号車で出かけるので、まずは空気圧。
pota200523_01.jpg
5.3bar に設定。

東に走るとほどなく府県境を越えてしまうし、北に走ると延々走り続けそうだし、南に走ると海だけど泳げないし(※そういう問題ではありません)、西を目指す。
国道2号線は一番サイクリスト多そうだし、43号線は集中力が要るので、今日はヤマカン(山手幹線)。
pota200523_02.jpg

道沿いの公園にはバラが満開である。
pota200523_03.jpg

川沿いをのんびりと散策する民を見て心安らぐ。 (殿様風)
pota200523_04.jpg

お!センダンが満開!
pota200523_05.jpg pota200523_06.jpg
実が成っているときと花のときだけセンダンって分かるんだが、この薄ピンクの花が好き。

そういえば、龍化渓谷にセンダンの木があって、今行くと綺麗なんだろうな。
今の脚では行ける気がしないが。

このヤマカン、六甲連山から大阪湾に注ぐ何本もの川を超えるたびにプチ峠がある。
(だからサイクリストが少ない)
そのプチ峠の下に御影(みかげ)の天神さま(綱敷天満神社)が見えたので、下りてお参り。
pota200523_07.jpg pota200523_08.jpg
保久良神社にあった干支の石像と同じものが並んでいる。
うーん、大量生s… いや、なんでもない。



実は、新神戸駅まで行って折り返そうと思っていたんだが、折り返し予定時刻までに辿り着けそうにない。
で、地図を見ると、六甲ケーブルの始発駅「六甲ケーブル下」駅までならちょうどよさそうだ、ということで目的地変更。

神戸大学の前の坂を鶴甲(つるかぶと)団地に向けて上る。
pota200523_09.jpg

昔、何を思ったのか「鶴甲」を「鶴」と思ってて、「お目出度い名前やなー」って思ってたんだが、何のことはない、お目出度いのは間違って覚えた私の方だったという。

鶴甲団地の入り口に、兜の鍬形(角みたいな飾りの部分)を模した石碑が立ってたんだが、ちょうどそこに白バイの人がスタンバっていたのでパスした。
お仕事お疲れ様です。

今日は初夏の陽気だったので、道路には早くも逃げ水が。
pota200523_10.jpg
(ちょっと分かり難いね)

この坂、8~13% ぐらいなんだが、ずーっと歩道をランニングしている人と抜きつ抜かれつ。
その人が早いのか、いや、私が遅いんだね。

この側道を降りると六甲ケーブル下駅。
pota200523_11.jpg
この写真だと読めないんだが、ガードレールのところに「海抜二四七米」と書いた札がある。
いや、もっと上った気がするんだが。

六甲ケーブル下駅とーちゃこ。
pota200523_12.jpg
それにしても、もう少し捻っても良かったんじゃないの、駅名。
ちなみに、終点は「六甲山上」駅という。

減便されてなお、閑散としている。
pota200523_13.jpg
次の発車までまだ 45 分ある。
それでも、チラホラと乗客は来ていた。

「六甲山上は○○以外は営業しておりません」っていうアナウンスも流れていた。
確か○○は六甲山牧場だったはずだが、間違ってたら迷惑が掛かるかもしれないので、鵜呑みにしないように。

車両のアップ。
pota200523_14.jpg
今風(?)のレトロ感あふれる車両で、これはこれでいい。
個人的には昔の、「国鉄こだま」っぽいっていうか、犬みたいな顔の車両の方が好きだったな。

先の「海抜二四七米」の反対側に見えていた地図。
pota200523_15.jpg
脇の坂を上ると、「高羽道」を経て「渦森台(うずもりだい)」に抜けられるように書いてある。
そのまま下るのもなんだし、ちょっと登ってみる。

この先で車道は終わり。
pota200523_16.jpg
どうでもいいけど、今、毛虫の最盛期、か?
桜の木の下とか走ると、いきなり眼前にぶら下がる毛虫。
ボクサー宜しくヘッドスリップで躱さないといけない。
ボクシング観ないけど。

正面のフェンスに沿って左がハイキング道。
pota200523_17.jpg
どう見ても自転車で進入すると迷惑。

停めてあった電チャリの後ろに目立たないように停めて、
pota200523_19.jpg

念のため(少し担げばその先に広い道があるかもしれんと思ったので)徒歩で上ると、
pota200523_18.jpg
絶景!
満足した。

し、その先も道が広くならないことが確認できたので、納得して引き返した。

その後も、ヤマカンまで下らずに、海の方の景色を撮ったりしながら六甲の山裾を横向きに走る。
pota200523_20.jpg

通り過ぎかけた坂道に何か引っかかるものがあったので引き返してみる。
pota200523_21.jpg

水車!
pota200523_22.jpg
「山田太郎・次郎水車」という名前らしい。
興味のある方はググっていただきたい。

せっかくなので、ISO80 でスローシャッターを試してみた。
pota200523_23.jpg
○ExposureTime - 1/15 seconds
○FNumber - 8
○ISOSpeedRatings - 80

中途半端やね。自分でもそう思う。

また少し走ると、「柿の木地蔵」。
pota200523_24.jpg
興味のある方は(略

丁度柿の木も花の季節。
pota200523_25.jpg

お地蔵さんの台座に落花している。
pota200523_26.jpg

実のなる季節に来てみたい。
久保柿かな、富有柿かな。
そういう品種が新しいのか古いのかも知らないけど、お地蔵様の台座に嘉永6年(1853年)と刻まれているらしいので、昔からある品種の柿なんだろうね。

と、ゴソゴソしながら広いところに出てきた。
pota200523_27.jpg
川沿いをのんびりと散策する民を(略

今日は暑かった。
あっという間に初夏。
そろそろ塩分の入ったスポドリ必携になってきたな。

後顧の憂いなく、そんなことだけ心配していたら済む日が早く来るように、まだまだ気は抜けない。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

potaikoさん、おはようございます。

なんかね、こういういかにも機械で彫りました
って感じのは...
どうしても、耳慣れた言葉で覚えちゃうと
訂正不可能..まあ気づけたということで

昨日は海コースだったので毛虫はなんとか..
森林コースだと顔にあたったり...
でも、そろそろ終わりですかね?
なんにしてもこちらも昨日は暑かったです。

Re: No title

三島の苔丸さん、おはようございます。

確かに機械彫り感MAXですが、初めて見た場所では面白いなーと。
でも同じのを違う場所でまた見てしまうと、ガッカリしますね。

覚え間違いは、そうですね、気付けたことを喜ぶといいんですね。

そちらも暑かったですか。これからの季節は雨か暑いかの2択になるんでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

potaiko

Author:potaiko
関西在住のミニベロ=ちっちゃい自転車乗りです。
ポタリングの話題と自転車いじり(いわゆるカスタム)の話題が中心。
現在の愛車は5号車(こちら)と6号車(こちら)だけ!

お約束: このブログは情報の正確さを保証するものではありません。参考にされる場合は、自己責任でお願いします。