fc2ブログ

記事一覧

常吉源太郎橋-庄下川-矢倉緑地公園 その辺うろうろポタ

昨日の天気予報では、今日は雨。
あー、ハンドルの交換でも試してみるかー
と、全然走る気なかったんだが、雨上がったし。

ちょっと遅めのスタート。



以前、「武庫川東岸六樋」というのを見かけてちょっと気になっていたので、そのうちの一つを訪問。
pota200913_01.jpg
常吉源太郎橋が架かる辺りの水路。
ここに4本ぐらいの水路が集まっている。

常吉源太郎水車もある。
pota200913_02.jpg

碑文。
pota200913_03.jpg

参考サイト:「武庫川東岸六樋探訪」さん

またこちらは改めて辿りたいと思っている。
ちなみに、「常吉井」の「井」は「せい」でも「い」でもなく、「ゆ」と読むようだ。

ここからしばらく走って、庄下川しょうげがわを下ろう。

本日の庄下川スタート地点(起点でも源流でもない)では、まだたいした幅ではない。
pota200913_04.jpg

橋の名前が分からないんだが、X字型の橋を境に
pota200913_05.jpg
(パノラマが360°になる前に終了したので中途半端、許せ)

ググっと広くなる。
pota200913_06.jpg

幹線道路横切るのが面倒なので、河川敷の遊歩道に下りたり、
pota200913_07.jpg

担いだりして進むと、
pota200913_08.jpg

尾浜灯台。
pota200913_09.jpg
庄下川と久々知くくち川の合流地点だ。

そのちょっと下に尾浜八幡神社。
pota200913_10.jpg

の境内に名月塚の宝篋印塔。
pota200913_11.jpg

名月姫にまつわるお話の参考サイト:「名月姫に関する伝承」さん

読むのが面倒な方へ、名月姫の伝承(尼崎バージョン)を3行に要約すると…
・当地の領主が願をかけて授かった待望の女子が才色兼備の名月姫
・能勢の蔵人(くろうど)が14歳の名月姫を連れ去り夫婦に
・領主の父は名月姫捜索の行脚中に平清盛に捕らえられ人柱に
・それを知った名月姫は寺を建立し自らも庵居した

おっと、4行になってしまった。
名月峠バージョンの伝承はまたちょっと違うようだが、平清盛が無体なことをしたという点では一致している。
また、名月姫が別嬪さんだった点でも一致しているようだ。

ちなみに、
名月峠はこの時に通ったが、当時は知らずに通過しただけだったな。

隣の名月姫公園にはヒガンバナが咲いていた。
pota200913_12.jpg
そういえば、草刈り・稲刈り・彼岸花の季節だね。

花を手前に公園の名前を背景にするアングルの方が良かったなー、と思っても後の祭り。

JRを潜る「庄下川JRアンダー」。
pota200913_13.jpg

上を電車が走ると、まさに轟音。
pota200913_14.jpg
潜り終わった直後に電車来たので、轟音被害は最小限で済んだ。



ずずーいと進んで中島到着。
神崎川と中島川に挟まれた三角州だ。

ここから先、昼食調達できそうにないので、ファミマに入店。
pota200913_15.jpg

ところで、
このところSNS界隈で見たことのないガリガリ君を披露する記事が多くて、今は「乳酸菌飲料味」が食べてみたい。
セブンに有った、という情報は聞いていたが、ファミマだし、ダメ元でとアイスコーナーに行ってみたら、

あった!(嬉)
pota200913_16.jpg
今日はツイてる。

見つけた瞬間引っ掴んでレジへ。

順番待っている間に思い出した。
お昼買いに入ったんだった。

パンコーナーに引き返して、お昼も一緒に購入。

モノがアイスなので、お店の横の飲食コーナー(が有って親切)でがっついてると、
pota200913_17.jpg
あたーりー!!!
人生初のガリガリ君もう一本!
今日はツイてる。

暑くてたまらない時にお金の持ち合わせがない、という非常事態に使おう。
財布も持ってないときにこの棒を持っているとも思えないけどな。

いー気分でお店を出て、鳥居が気になった。
pota200913_18.jpg
ていうか、ファミマの駐車場から本殿裏が見えてたんだが。

ということで五社神社。
pota200913_19.jpg

写真撮ってたら、近所のおっちゃん。
(孫のお宮参りが…て言ってたから同世代のようだ)
・この神社、見かけは小さいが有名。
・秋祭りの喧嘩神輿は勇壮で、見学者が多数来る。
・あの女性が宮司さん。

境内お手入れ中の女性=宮司さんにご挨拶。
とてもフレンドリーにいろいろ教えてくださった。
・この地はかつて梅田と同様に沼地だった。
・京都の、跡を継がない次男坊、三男坊が入植して開拓した。
・武庫川の砂を持ってきて畑にした。
・砂地に合うスイカやマッカマクワウリを栽培して、評判が良かった。
・「中島の西瓜」がこの地に富をもたらした。

その証拠に、本殿前の大きな石灯篭、
pota200913_20.jpg

中島青物市場の寄進である。
pota200913_21.jpg

他にも、さすが御神職という興味深いお話を聞くことができた。
今日はツイてる。

神崎川を渡ると工場地帯。
pota200913_22.jpg

そのまま突っ切って淀川に出た。
pota200913_23.jpg
舞洲のスラッジセンターや、ヨット(ウィンドサーフィンかも)が見える。

振り返ると、大阪のビル街。
pota200913_24.jpg

淀川河口に矢倉緑地公園。
pota200913_25.jpg
一度来てみたかったんだが、やっと来ることができた。

石で築かれた潮だまり。
pota200913_26.jpg
参考サイト:「犬島の石 嫁ぎ先発見の旅 犬島ものがたり」さん
犬島は岡山市の南東にあるらしい。

このサイトによると、
「コンクリートを一切使わずに廻りの荒磯は全て自然石で築かれています」
ということだ。

ゴツゴツした石の表情が力強い。
潮の状況によっては、魚やカニとかも観察できるんだろうな。

園内にはもうハギ(ですよね?)も咲いている。
pota200913_27.jpg

矢倉緑地野鳥観察台。
pota200913_28.jpg
何か居る。

ちょっとシブい猫さんであった。
pota200913_29.jpg

矢倉緑地公園を後にして、淀川土手に座ってお昼を食べていると、
え?小っちゃいパラグライダー? ※2つ見えます
pota200913_30.jpg
よく見ると、新手のウィンドサーフィン(のような何か)みたいだ。
いろいろ考えるもんだ。

帰路は「大野川緑陰道路」をのんびりと。
pota200913_31.jpg

ここのいい所は、自転車道が北行きと南行きに分れている上に、その外側には歩道も上下完備しているところ。
pota200913_32.jpg
歩行者に気遣うことなく安心して走れる。

ところどころにある横断歩道と、スマホに夢中の自転車乗りにさえ気を付ければいい。
pota200913_33.jpg

そして終点。
pota200913_34.jpg

今日は距離も少なかったし、気温もここまで随分楽だった。
スポドリもここまで1本で済んだ。
ここから自宅まで、テキトーに走ればいい。

惜しむらくは、ここから自宅までの間にグングン気温が上昇したことぐらいだな。

本日のルート


関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ ←このボタンをクリックすると書いている人が喜びます(それだけです)
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

potaiko

Author:potaiko
関西在住のミニベロ=ちっちゃい自転車乗りです。
ポタリング/サイクリングの話題と自転車いじり(いわゆるカスタム)の話題が中心。
現在の愛車は5号車(こちら)、6号車(こちら)と7号車(こちら)の3台!

過去には、持ってるけど現在不稼働の1号車(こちら)、譲渡済みの2号車と3号車(こちら)、譲渡済みだがもうすぐ帰ってきそうな4号車(こちら)が存在している。

お約束: このブログは情報の正確さを保証するものではありません。参考にされる場合は、自己責任でお願いします。

フリーエリア

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ PVアクセスランキング にほんブログ村