fc2ブログ

記事一覧

「win10 リモートデスクトップ office スクロールバー 連動しない」 検索っと

別に伏線を張ったわけじゃないが、体調不良の時はテレワークが重宝する。
「ちょっと体調が思わしくないので在宅勤務したいんですが」と上司に連絡。
アチラとしても、よく分からん病み上がりに出勤されるよりは、きっちり回復してからの方が良いんだろう。
二つ返事で了承。
Win-Winである。

別に自宅だからとダラダラするんじゃなくて、仕事が終わったらすぐ床に就けるのが助かる。

で、Windowsのリモートデスクトップ(以下RDT)を利用するようになって一番不便に感じているのが表題。
EXCELとかWORDとかで、スクロールバーをマウスで掴んでドラッグしても、画面が連動しないのである。
正確に言うと、スクロールバーを動かしている間は画面がスクロールせず、マウスボタンを離した瞬間、その場所に画面が移動する。
画面を眺めながら所望の位置に移動する、ってのができないのだ。

他の、ブラウザとか各種ソフトは大丈夫なんだが、MicrosoftのOffice系だけがダメ。
リアルデスクトップなら、スクロールバーの動きに連動して画面がスクロールするんだが、RDTになるとダメ。

で、調べてみたのね。

リモートデスクトップでExcelを操作すると、スクロールバーの動きがおかしい
 [NARKIVE/NEWSGROUP ARCHIVE]さん

うーん、どうも違う。

RDTじゃないやつだと、
office2013 スクロールバーを掴んでの画面移動について
 [マイクロソフト コミュニティ]さん

お約束の「Windows のクリーン ブート」、「Office アプリケーションを修復」は、まあ試すまでもない。

他にも、
エクセル2007 スクロールバーがシートと連動しない
 [教えて!goo]さん

これも違うようだ。

で、たまたま試して上手くいったのがこちら。

○左下の「田」ボタン → Windows アクセサリ → リモート デスクトップ接続
rdt201014-01.png
もちろんこれは、RDTのために普通に開くんだが、ここで、「オプションの表示」をクリック

rdt201014-02.png
続いて「エクスペリエンス」タブをクリック

rdt201014-03.png
「接続品質の自動検出」の右にある下向き矢印をクリックして

rdt201014-04.png
「LAN(10Mbps以上)」を選択してから、「接続」すればいい。

元々回線が早い場合は、そもそも私のような問題には遭遇しないと思うが、弊社の回線は時として激遅になる。
その回線速度でも問題が起こらないように、画面表示の負荷をできるだけ下げようとした結果、あのような状態になったんだろう。

但し、これで万事解決したかというと…
画面がフリーズする頻度が目に見えて増えた。
尤も、「フリーズしたな」と思ったら、余計な操作は一切せずにRDTを切断して再接続すればいいだけ。
フリーズしてからもリアルデスクトップはこちらの操作を受け付けているので、余計な操作をいっぱいやると、再接続後に悲惨な画面と対面することになるんだな、これが。

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ ←このボタンをクリックすると書いている人のやる気が湧きます(それだけです)
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

potaiko

Author:potaiko
関西在住のミニベロ=ちっちゃい自転車乗りです。
ポタリング/サイクリングの話題と自転車いじり(いわゆるカスタム)の話題が中心。
現在の愛車は5号車(こちら)、6号車(こちら)と7号車(こちら)の3台!

過去には、持ってるけど現在不稼働の1号車(こちら)、譲渡済みの2号車と3号車(こちら)、譲渡済みだがもうすぐ帰ってきそうな4号車(こちら)が存在している。

お約束: このブログは情報の正確さを保証するものではありません。参考にされる場合は、自己責任でお願いします。

フリーエリア

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ PVアクセスランキング にほんブログ村