fc2ブログ

記事一覧

なんちゃってエルゴグリップ(改造)

grip02.jpg

繊細なハンドル捌きが求められる BMX や MTB を別にすれば、ミニベロにせよ軽快車にせよ、ドロップハンドルかブルホーンがいいに決まってる。

だって、きをつけ!とかまえへならえ!とかのとき、掌が内側向くでしょ。
向かい風の時、少しでも空気抵抗減らしたいって思うでしょ。

諸般の事情でフラットハンドルに甘んじているわけだが、4 号車(DAHON SPEED P8)でエルゴグリップを知ってから、これ無しでは生きて行けない体に。
フラットバーでもこれなら我慢できる。(フラットバー屋さんごめんなさい)

そういうわけで、5 号車はほんの少し奮発してロックオンタイプの本革巻きエルゴグリップにしている。

6 号車(KHS P-20A)のオリジナルはストレートグリップ。
力任せに押し込むタイプ。
grip01.jpg
やすり目の表面で、これはこれで握り心地は悪くないが。

(なんだかチープなライトが付いているが、お目こぼしを…)

購入当初から左にシフターを取り付ける計画をしているので、そのタイミングで交換しようと WEB で物色していて、いざポチッ… の前に心配になって寸法を測ってみると、120~125mm ぐらいの長さまでしか無理ということが分かった。
買おうとしていたロックオン式エルゴグリップは 137mm もあったから。アブナイアブナイ。
ライザーハンドルでストレート部が短く、シフターを内にずらそうとしてもベンド部にインジケーターが当たりそう。
無理っぽい。

追い追い手頃な製品を見つけることにして、当面、それなりにエルゴなグリップへ改造することにした。

EVA のバーテープの切れ端を、
grip03.jpg

重ねて、
grip04.jpg

太くしたい辺りに乗っけて、
grip05.jpg

メンディングテープ(糊が腐りにくい)で仮止めして、
grip06.jpg
※右と左がごちゃ混ぜになっているのはご容赦願います。

コットンテープで巻いて、
grip07.jpg

フィニッシュテープで止め…
grip08.jpg
たんだが、たまたま粘着力が絶望的に弱いテープだったようで、少し目を離すと剥がれる。

仕方ないので結束バンドで止めた。
grip09.jpg

カッコ悪いですね。

これで走ってみると、殊の外具合がよろしい。
テープが重なっているところとそうでないところの凸凹にちょうど指が収まって、ずれない。
少しフワフワ気味のテープ(サイクルプロ CP-BT035)なのも、妙に快適。
手汗酷い方なんだが、これなら夏場も快適だろう。

なんかこのまんまでいいかも。

今になって思うと、土台のグリップは端が塞がっているタイプだが、ここを穴あけして、テープを内から外に向けて巻けば、テープの端をハンドルバーの中に仕舞える。
見た目の貧乏臭さは否めないが、この快適さは手放したくないような…

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ ←このボタンをクリックすると書いている人のやる気が湧きます(それだけです)
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

potaiko

Author:potaiko
関西在住のミニベロ=ちっちゃい自転車乗りです。
ポタリング/サイクリングの話題と自転車いじり(いわゆるカスタム)の話題が中心。
現在の愛車は5号車(こちら)、6号車(こちら)と7号車(こちら)の3台!

過去には、持ってるけど現在不稼働の1号車(こちら)、譲渡済みの2号車と3号車(こちら)、譲渡済みだがもうすぐ帰ってきそうな4号車(こちら)が存在している。

お約束: このブログは情報の正確さを保証するものではありません。参考にされる場合は、自己責任でお願いします。

フリーエリア

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ PVアクセスランキング にほんブログ村