fc2ブログ

記事一覧

諏訪神社と天皇池 ポタ(天皇池編)

昨日の「諏訪神社編」の続き。

疲れた脚に思いの外アップダウンが堪えた山麓線を経て、
p230108_22.jpg
辿り着いたのは神戸市立須磨離宮公園 植物園。

p230108_23.jpg
園内に用事は無いので、東門前のベンチでサザンカ(あるいはツバキ)を眺めながら休憩して、

p230108_24.jpg
第二神明道路と並行して坂を上ると、

p230108_25.jpg
天皇池に至る道の入口。
自転車の進入を禁止する表示は無い。

p230108_26.jpg
入ってすぐの「天井川憩いの広場」。
ビオトープになっていて、川エビ、シジミ、カワニナをはじめとする11種の生き物を育成しているらしい。

p230108_27.jpg
憩いの広場を過ぎると、いきなり道が細くなる。
私のような怖がり(ハチ、ヘビ、ウルシの類い)には冬がいい。
尤も、ウルシの類いは葉っぱが無い冬の方がリスク高そうだが。

p230108_28.jpg
倒木を潜って少し行くと、
長ーいレンズのカメラ(カメラにレンズが付いてるのかレンズにカメラが付いてるのか)を構えた男性3人。
ちょうど猛禽類を見つけて盛り上がっていた様子。

「自転車はすぐそこで行き止まりですよ」
「MTBならまだしも、その自転車じゃー絶対無理」

とりあえず行けるところまで行ってみます。

p230108_29.jpg
ナンテンの木を過ぎてすぐ、フェンスで阻まれた狭路。
カメラさん達から 20m もない。ホント「すぐそこで行き止まり」でした。

フェンスの向こうに見えているのは朽ちたブロック塀。
後掲の地図を「ESRI Topo」に切り替えると「Temple」と書かれているので、寺院か何かの跡地か。

自転車を押すにしても横に立って通ることすらできず、後ろからハンドルに手を伸ばして、一列縦隊で通過。

p230108_30.jpg
通過した次の刹那、その先の道は「この自転車じゃー絶対無理」。
ここに置いて行くわ。

p230108_31.jpg
その先もスリッピーで横に傾いた細道。
たとえMTBでも相当な上級者でないと無理じゃないの?

p230108_52.jpg
こんな靴底なので、歩くのもそれはそれで気を遣う。

p230108_32.jpg
少し行くと水たまり。〔図1〕
右奥の岩から右と左に道が伸びているようだ。

p230108_33.jpg
水たまりを過ぎて振り返ると、小山に人が上り下りした跡が。
登れっちゅーことやな。

p230108_34.jpg
登ってみると、図1の右の道が少し見通せた。
他特に収穫なし。
下りる。

p230108_35.jpg
なんとなく嗅覚(実際の臭いではない)に頼って「右の道」を行くと、
沢歩きですか?

p230108_36.jpg
我慢して行くと、向こうにいい感じの階段が見えてるんだが、細いトラロープが張ってある。
戻る。

今度は図1「右奥の岩」を左に行くと、
p230108_37.jpg
親切にも
天皇の池
 ←

私の嗅覚が当てにならんことはわかった。

p230108_38.jpg
もうワクワクするテクニカルコースである。

p230108_39.jpg
右に見える砂防ダムの上へはクイックな九十九折れ。

p230108_40.jpg
その上にも天皇の池への案内表示。〔図2〕
ありがとうございます > 誰か

p230108_41.jpg
そこから先、どう考えても明後日の方向に向かう上り坂。
こんな方向に池?
川無いぞ。

p230108_42.jpg
尾根筋に出てあそこが頂上。

p230108_43.jpg
少し下ると分岐点。
天皇の池は右。

p230108_44.jpg
案の定、さっきの上りと同じぐらい下り坂。
もうやめていいですか?

p230108_45.jpg
と、弱気になってきたところで、なんか小綺麗な柵が見える。
ここをワッと下ってワッと上ればもうすぐそこ。
しかも、その右下にはトンネルらしきものも見えるじゃないか。

p230108_46.jpg
たわまで下ると、産業遺産レベルのトンネル。

p230108_47.jpg
間近まで行ける。

p230108_48.jpg
中に入ってヤバい物とかヤバい者とか潜んでたら泣いちゃうので、外からストロボ撮影だけで堪忍したった。
実は、帰ってから写真確認するのも、ちょっとビクビクやった。

そしてー、
p230108_49.jpg
天皇池!

試行錯誤したが、現物の色が写真で出せなかった。
私の感覚では、濃いビリジャン。
吸い込まれるように美しく、底に堆積した枯れ葉もはっきり見える。
さすが、須磨離宮の御殿に供給するための水源に相応しいきれいさだ。

p230108_50.jpg
その説明看板。
先ほどのトンネルは大雨の土砂水をバイパスするためのものらしい。

この先には「須磨森の名水」もあるようだが、楽しみは今度の機会にとっておこう。
(帰る口実)

上って下った以上、帰りも上って下らないといかん。しんどい。

p230108_53.jpg
ところでさっきの図2のポイント
さっき進んだ左に逸れる上り坂とは別に、右に下る道があるのを見つけた。
これ、もしかしてあのトンネルの近くに出られるんじゃない?
まー、これも今度の機会にとっておこう。

p230108_51.jpg
砂防ダムから下る道、上りは気にならなかったが、一歩踏み外すと結構危ないやん。
(右ヘアピンカーブのクリッピング外側が崖)

p230108_54.jpg
図1の水たまり近くまで戻ってきた。
ここまで来れば一安心。

鳥撮りのおいちゃんたちの横を会釈して過ぎると、
p230108_55.jpg
天井川憩いの広場。(色補正サボり)

p230108_57.jpg
自転車を立てかけた石垣にござるしようと思ったら、

p230108_56.jpg
シカの糞ですよねっ!
そこここに落ちてる。

立って休憩。
腰に手を当ててペットボトルを呷る。
うーん、達成感。(ほどほど)

p230108_58.jpg
そういえばサイクリングのはずだったので、気持ちよく坂を下って須磨海水浴場。

p230108_59.jpg
遠くには日本丸、かな?

帰りはマイルドな追い風に乗って国道43号線ヨンサン
東行きはヨンサンに限るわー。

今回のルート(昨日と同じ)




なお、ブレーキレバーとグリップの角度を変えた成果だが、手首が全然痛くならなかった。
そこ!「歩いてばかりだったからでしょ」て言わない!

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ ←このボタンをクリックすると書いている人のやる気が湧きます(それだけです)
にほんブログ村

プロフィール

potaiko

Author:potaiko
関西在住のミニベロ=ちっちゃい自転車乗りです。
ポタリング/サイクリングの話題と自転車いじり(いわゆるカスタム)の話題が中心。
現在の愛車は5号車(こちら)、6号車(こちら)と7号車(こちら)の3台!

過去には、持ってるけど現在不稼働の1号車(こちら)、譲渡済みの2号車と3号車(こちら)、譲渡済みだがもうすぐ帰ってきそうな4号車(こちら)が存在している。

お約束: このブログは情報の正確さを保証するものではありません。参考にされる場合は、自己責任でお願いします。

フリーエリア

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ PVアクセスランキング にほんブログ村